特定非営利活動法人 日本交渉協会
交渉アナリスト1級会員
磯野 太吾
現在のお仕事についてお聞かせください
個人・法人向けの研修コンテンツ制作、運営、ブランディングをしております。
交渉学を学ばれたきっかけ(交渉学を学ばれる前に苦労された経験など)
「交渉とは何か?」
「会話する相手が、どうしたら喜んでくれるか」
「どうやったら会話がおもしろくなるか」
こうした点についてしっかり体系的に学びたかったため。
交渉学を学んでどう実践していますか?
相手が置かれている状況、背景、価値観を聞き出せるようになりました。
この事により、相手のことを深く理解することができ、交渉において質の高い合意を導き出せるようになりました。
交渉学を学び今後どのように活かしていきますか(統合型交渉の実践の例、交渉に対する姿勢、モットーなど)
交渉学を通じて学んだ「他者に対する思いやり、価値創造力」を活かしていきたい。
交渉現場において、相手に対してしっかりとした愛情を持つことができれば、合意形成において想像を超えた喜びを感じることができる。
この喜びを、より多くの人に伝えていきたい!