エドウィン・O・ライシャワー博士について

エドウィン・O・ライシャワー博士 略歴
Edwin Oldfather Reischauer(1910―90)

Edwin Oldfather Reischauer

エドウィン・O・ライシャワー博士

ハーバード大学で中国と日本の歴史を学び、1933~38年にフランス、日本、中国などへ留学。帰国後、ハーバード大学極東言語学部講師。1946年ハーバードに戻り、1950年から81年まで、アメリカ駐日大使(1961~66年)の時期を除き、同大学教授。この間、アメリカにおける日本研究の推進に多大な貢献をなした。また駐日大使在任中は、「イコール・パートナーシップ」の理念に沿って、日米間の協創関係の構築に大きな功績を残した。

“The world has at least really become one, and we have to have great skill at negotiating with each other in this kind of world.”
by Edwin O. Reischauer

世界は本当にひとつになってきています。こうした世界では、
私達はお互いに交渉で課題を解決する豊かな技術を育てなければなりません。
エドウィン・ライシャワー

ライシャワー博士に関する出版物

書名
ライシャワーの日本史 (講談社学術文庫)
  • ジョージ・R・パッカード(著), 森山 尚美(翻訳)
  • 単行本: 552ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/11/17)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4062151952
  • ISBN-13: 978-4062151955
ライシャワー自伝
書名
ライシャワー自伝
  • エドウィン・O. ライシャワー(著), 徳岡 孝夫 (翻訳)
  • 単行本: 530ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1987/09)
  • ISBN-10: 4163417400
  • ISBN-13: 978-4163417400
書名
ザ・ジャパニーズ―日本人 (1979年)
  • エドウィン・O.ライシャワー (著), 国弘 正雄 (翻訳)
  • 出版社: 文藝春秋 (1979/06)
  • ISBN-10: B000J8GOY4