日本交渉協会の成り立ち

当協会の理事長藤田忠がハーバード燕京研究所へ客員研究員として招聘されたのは1973年のことでした。その時、ハーバードで、初めてハモンド教授の交渉力開発の講義に出席しました。

初めて交渉学に接し、藤田が受けた印象は口では言い表せないほど、衝撃的だったといいます。ハーバードで交渉学を学ぶにつれ、交渉学が、日常のビジネス活動でも強力な力を発揮し、また円滑な人間関係を作り上げる際にも、実に有用な英知であると藤田は痛感し、帰国後、機会あるごとに交渉学の重要性を訴えてきました。

のちに藤田は、日本の大学に交渉講座を開設し交渉学を確立いたしました。そして交渉学を広く学んでもらえるようにするために設立したのが、特定非営利活動法人日本交渉協会です。