交渉学について

米国ビジネススクールで人気の講座「交渉学」

交渉は大型取引や紛争解決のための特殊技能とはもはや見なされず、ビジネスリテラシーの一つとして定着しつつあり、米国ビジネススクールにおいて、交渉学講座は選択科目として常に人気があり、その重要性も高く認識されています。

「交渉学」の2大研究拠点 ハーバード大学とノースウェスタン大学

交渉学の2大潮流

交渉学研究は米国の各大学で行われていますが、特にハーバード大学ロースクールにあるProgram On Negotiation(PON)とノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院にあるDispute Resolution Research Center(DRRC)が現在の2大研究拠点となっているようです。

PON~Program On Negotiation~とは?

Program On Negotiation(PON)はハーバード大学・MIT・タフツ大学から人材を集め、1983年にハーバード・ロースクール内に創設された、世界で初めての交渉と紛争解決を専門とする教育研究機関です。ロジャー・フィッシャー、ウィリアム・ユーリ、ブルース・バットン先生らが、1979年にHarvard Negotiation Project(HNP)を手がけ、その後フィッシャーがジェームズ・セベニウス、ローレンス・サスキンド、フランク・サンダー、ハワード・ライファ先生らの協力を得ることにより、PONを創り上げました。現在の座長はロバート・ムヌーキン先生(ハーバード・ロースクール教授)です。

日本語翻訳されている主な交渉学の本

ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術ー信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則
書名
ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術ー信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則
出版社
ダイヤモンド社 (2015/1/23)
著者
ローレンス・サスキンド (著), 有賀 裕子 (翻訳)
ハーバード実践講座 内面から勝つ交渉術
書名
ハーバード実践講座 内面から勝つ交渉術
出版社
講談社 (2014/11/27)
著者
エリカ.アリエル・フォックス (著), 谷町 真珠 (翻訳)
交渉のメソッド: リーダーのコア・スキル
書名
交渉のメソッド: リーダーのコア・スキル
出版社
白桃書房 (2014/5/23)
著者
ランプルゥ A (著), コルソン A (著), 奥村 哲史 (翻訳)
書名
ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)
出版社
三笠書房 (1989/12/19)
著者
ロジャー フィッシャー (著) ウィリアム ユーリー (著),金山 宣夫 (翻訳), 浅井 和子 (翻訳)
決定版 ハーバード流“NO”と言わせない交渉術
書名
決定版 ハーバード流“NO”と言わせない交渉術
出版社
三笠書房
著書
ウィリアム ユーリー (著), 斎藤 精一郎 (翻訳)
書名
コンセンサス・ビルディング入門 -公共政策の交渉と合意形成の進め方
出版社
有斐閣 (2008/4/11)
著書
ローレンス・E.サスカインド (著), ジェフリー・L.クルックシャンク (著), 城山 英明 (翻訳), 松浦 正浩 (翻訳)
書名
意思決定アプローチ―「分析と決断」
出版社
ダイヤモンド社 (1999/07)
著者
ジョン・S. ハモンド (著) , ハワード ライファ (著), ラルフ・L. キーニー (著), 小林 龍司 (翻訳)
書名
最新ハーバード流 3D交渉術
出版社
阪急コミュニケーションズ (2007/9/27)
著者
デービッド・A・ラックス/ジェームズ・K・セベニウス (著), 斉藤裕一 (翻訳)
書名
ビジネス交渉術―成功を導く7つの原理
出版社
PHP研究所 (2004/08)
著者
マイケル・ワトキンス (著), 藤田忠 (翻訳)
書名
マネジャーのための交渉の認知心理学―戦略的思考の処方箋
出版社
白桃書房 (1997/01)
著者
マックス・ H・ベイザーマン (著), マーガレット・ A・ニール (著), 奥村 哲史 (翻訳)
書名
「話し合い」の技術―交渉と紛争解決のデザイン
出版社
白桃書房 (2002/06)
著者
ウィリアム・L. ユーリ (著), ステファン・B. ゴールドバーグ (著), ジーン・M. ブレット (著),奥村 哲史 (翻訳)
書名
交渉力のプロフェッショナル―MBAで教える理論と実践
出版社
ダイヤモンド社 (2003/9/20)
著者
ジーン・M.ブレット(著), 奥村 哲史 (翻訳)
書名
交渉の達人
出版社
日本経済新聞出版社 (2010/5/21)
著者
ディーパック・マルホトラ (著), マックス・H・ベイザーマン (著), 森下 哲朗 (翻訳), 高遠 裕子 (翻訳)