特定非営利活動法人 日本交渉協会

研修プログラム

以下は、株式会社トランスエージェントが実施しています。

交渉戦略研修

  1. ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院のケーススタディを使った研修プログラム
    米国MBAで活用されている交渉理論と交渉演習で構成された交渉ストラテジーコースです。交渉学の権威である奥村哲史教授自ら講座を担当いたします。
    双方の埋もれた可能性を引き出し、質の高い合意形成を実現するための交渉力を習得していただきます。ニ者間交渉のみならず、部門間連携の交渉、組織提携交渉など、複数者との交渉も体験していただきます。自らの交渉行動を振り返り、交渉の成功確率を高められるコースです。

交渉戦略研修(入門編)
– 交渉メソッド(分配型交渉・統合型交渉)-
【交渉アナリスト2級】

  1. 交渉学の基礎理論を習得していただくだけでなく、ケースメソッドやロールプレイングなどを通して、交渉の実践力の向上を図っていただきます。

交渉理論(通信講座)
– 交渉メソッド(分配型交渉・統合型交渉)-
【交渉アナリスト2級】

  1. 体系的な交渉理論とビジネス交渉の実務知識をテキストと添削課題を通して習得していただきます。日本の交渉学の礎を築いた教授陣である藤田忠、土居弘元、奥村哲史らが執筆した交渉学のバイブルといえる内容となっており、修了者は交渉アナリスト2級資格を取得できます。

交渉理論(オンデマンド講座)
– 交渉メソッド(分配型交渉・統合型交渉)-
【交渉アナリスト2級】

  1. 交渉学の基礎的な理論と、その理論を事例(ケース)にあてはめて考えることで、交渉学の理論を実践的なスキルとして学びます。
    インターネット上の動画講座とテキスト、ワークブックによる学習を通して習得していただきます。
    修了者は交渉アナリスト2級資格を取得できます。

交渉理論研修
– 交渉メソッド入門(分配型交渉・統合型交渉)-
【交渉アナリスト3級】

  1. 交渉学の基礎的な理論を学び、その理論をロールプレイングのなかで実践することで自分のスキルとして習得していただきます。
    具体的には交渉の2つの側面、分配型交渉と統合型交渉について理解を深めていただきます。
    修了者は交渉アナリスト3級(ビジネス交渉アナリスト)資格を取得できます。

怒りのマネジメント(謝罪)

  1. 自分と相手の感情を鎮静化させる方法について学習していただきます。怒り感情の特徴・特性を理解し、自分自身や相手を冷静に分析し、適切な対応を行うための考え方を習得していただきます。またビジネス関係を保つための上手な謝り方について学習していただきます。有事の際の心の準備、謝罪に対する意味の捉え直しと適切な対応能力を強化します。(認知科学の研究知見をベースに心理学者の監修のもと開発したコースです)

微表情・しぐさの分析力を高める
非言語交渉研修

  1. 交渉相手の表情・動作という非言語情報を適切に読解し、感情・意図に沿ったコミュニケーションの流れを形成することを通じて、双方にとって価値ある交渉結果を創造するための手法を習得していただきます。

ハイプレッシャー対応交渉研修 – 感情的な相手への対応法 –

  1. 相手が感情的になり、理性的な話し合いが難しいハイプレッシャーな状況下での対応法を習得していただきます。
    相手の怒りを鎮め、合理的な話し合いに導いていくための考え方とスキルを学んでいただきます。

負けない交渉研修トレーニング

  1. 立場が弱い状況において、負けない交渉スキルを身につけていただきます。そのために交渉に対する苦手意識や受け身の姿勢を払拭するとともに、相手にしっかりと反論し、説得する力を強化します。

価値交換型交渉 基礎編

  1. 価値交換型交渉の基本を学んでいただきます。現場で意識して実践できるように、ロールプレイングを通してスキルを習得していただきます。

価値交換型交渉 【交渉アナリスト補】

  1. 経済産業省高度ビジネス人材育成プログラム 交渉応用編
    相互の価値認識の差を活用し、両方の満足を最大化するための価値交換の考え方、方法を、ロールプレイングを通して習得していただきます。修了者は日本交渉協会認定「交渉アナリスト補」の資格を取得できるため、受講生のモチベーションアップにも繋がります。

バリュークリエイト交渉(価値創造型交渉入門)

  1. 対立を生じた交渉において、パイの奪い合いから脱し、両者の目的・ゴールを達成するための解決策を創造するための考え方と方法を習得していただきます。(価値創造型 Value Create 交渉)

ステークホルダーを巻き込む力
ビジネスコンフリクトを解決するネゴシエーション
(価値創造型交渉入門)
– 協調的問題解決を図るためのコミュニケーション –

  1. コンフリクト(葛藤)解決のための協調的なアプローチをケーススタディ、ロールプレイングを通じて学んでいただきます。
    コンフリクトをマイナス要因として捉えるのではなく、肯定的に捉えることで、本質的な問題解決への道を切り拓く合意形成のためのコミュニケーションアプローチを習得していただきます。

協創型交渉

  1. 顧客や部下、他部門などさまざまな利害関係者との関係において、立場の違いや主張のギャップを乗り越え、共通目標を軸に対立関係から両立関係へ変化させる合意形成力を磨いていきます。