「交渉アナリスト」名称の由来

ハーバード・ビジネススクール名誉教授の著書より

Negotiation Analysis: The Science and Art of Collaborative Decision Making

「交渉分析(negotiation analysis)」という語は交渉学の中で1980年代から使われています。

ハワード・ライファ氏が2002年に出版された著書『Negotiation Analysis』、この書は交渉学の理論的支柱ともいえる名著ですが、「交渉アナリスト」はこのnegotiation analysisを基にした名称です。

交渉の達人(tough negotiator)ではない

交渉アナリストは交渉理論を相当に学び、実際の交渉を理論的な目で分析できる人、という意味で使っているものです。
そこでは、目的とするものは交渉の達人(tough negotiator)といわれる交渉者ではありません。つまり、交渉にあたって相手方から何かをもぎ取ってくる交渉者を目指すのではない、ということです。

交渉学は政策科学の範疇に属している一分野であり、目的とするのは「話し合いによって問題を解決する」ところにあります。その話し合いをするにあたっては基盤として理論が求められます。

「理論なき実践は盲目であり、実践なき理論は空虚である」

この考えをもとに、「交渉アナリスト」の資格制度は作られているのです。